• 新山 寛晃

たまには最近の自分を振り返ってみると


 最近はお陰様で、忙しい毎日を送らさせて頂いております。

 毎日、非常に充実しています。

 本当に毎日を感謝しております。

 ただ、忙し過ぎるのも考え物だと私は思います。

 瞬間風速ならば良いのですが常に忙しすぎると、心に余裕が無くなって

 冷酷な人間になってしまったり、ポカしたりしてしまいます。

 ただ、これだけならば私はまだ良いと思いますが、

 私が常に忙し過ぎる状態が続くのことでの一番の弊害は、

 先を見ての行動ができなくなってしまうことだと思います。

 常に目の前のことで一杯になってしまって、

 自分のこれからやって行きたいことと、今やっていることの方向性がリンク

 しているか確認できず日々目の前のことをやり続けてしまうことだと思いま

 す。

 私のこの意見には、きた仕事を精一杯やることがいけないの?と反対意 

 見もあると思いますが、私はビジョン(あるべき姿)を設定してそこに進み

 たいと思うのであれば、私はたまには、余裕を持つ時間を持つべきだと思

 います。

 なぜなら、作ったビジョン(計画)に対して、行動して、その行動がビジョン

 に対してどうだったかチェックして、ダメなら改善していく時間を作らないと

 いけないからです。(いわゆるPDCAです。)

 これは、会社経営についても同じことが言えると思います。

 経営者は、会社のかじ取りをP(計画)D(実行)C(チェック)A(改善)で

 管理していく必要があります。

 経営計画を策定することで、PDCAの第一歩の計画ができあがります。

日々の仕事はお忙しいとは思いますが、ちょっと余裕を持ってもらって、

 経営計画策定で御社はさらに事業発展すると思いますよ!

 経営計画に関することなら、Shinyama経営支援オフィスにご相談下さい!

#新さんの日記

1回の閲覧